Posts in Category: 音楽

2017/02/19 トスカ

上野の文化会館で二期会のトスカを観に。トスカ役は大村博美さん、カヴァラドッシ役は城宏憲さん、スカルピア役は体調不良の直野資さんに代わって今井俊輔さん。オーケストラは東京都交響楽団、指揮はダニエーレ・ルスティオーニさん。トスカ役の大村さんの歌唱力と演技力、いずれも素晴らしかった。スカルピア役の今井さんは連日の出演となっているはずなのだが、それを感じさせない。そういえば前回トスカを観たのは2016/01/06ののベルリンのドイチェオーパーだった。その時のMichael Volleさんの好色で傲岸なスカルピアもすごいと思ったのだけど、今日の大村さんも負けずによかった。ねっとりとして嫌らしくて人でなしの素晴らしいスカルピア役だったと思う。しかし昨日の蝶々夫人といい、今日のトスカといい、オペラは酷いストーリーが多いのだけど、その酷い話に素晴らしい演奏と歌と演技をのせると思ってもみなかった別次元のドラマに生まれ変わる不思議。

帰りは久々に近所の和食屋さんで。この煮物が本当に美味しかった。大根と大豆と鰯とオクラ。大根の味はそっくり上質な出汁の味に置き換わっていて表面に煮汁がしみている。鰯は骨まで柔らかいんだけど、身の味は全く抜けてない。プロの仕事だなぁと感心しました。

2017/02/18 蝶々夫人

日本を舞台にした作品、蝶々夫人。ぜひ観てみたかった。蝶々夫人役は小川里美さん、ピンカートンはロレンツォ・デカーロさん、スズキ役は鳥木弥生さん。オーケストラピットはなくて、舞台前方、客席との間にオーケストラが位置していた。読売日本交響楽団、指揮はミャエル・バルケさん。演出は笈田ヨシさん。舞台も装置も美しくて、素晴らしい舞台だったと思う。ピンカートンを単なる悪役ではなく、心が弱くてむしろ自分たちに近しい男性としての表現だったように思う。なぜ蝶々夫人は死ななければならなかったのかという説得力のある演技。そしてドラマティックで素晴らしい演奏。個人的にはスズキ役の鳥木弥生さんの演技が心に残った。

会場においてあったダルマさん。翌日の千秋楽でもう一つ瞳が入ったことでしょう。

2017/01/31 ベルリン・フィル八重奏団

初台のオペラシティ。ベルリン・フィル八重奏団を聴きに。演目はニールセン:軽快なセレナード (Cl. Fg. Hrn. Vc. Cb.の五人)、ドヴォルザーク(シェーファー編):5つのバガテル Op. 47(八重奏版)、シューベルト:八重奏曲 D.803、アンコールはシューベルト八重奏曲よりスケルツォのパート。ベルリン・フィルの首席奏者たちの室内楽をぜひとも聴いてみたかった。特にシューベルトの八重奏曲。柔らかくて暖かな音色と美しいアンサンブル。一糸乱れぬタイミング。普段から同じオーケストラで演奏しているゆえの一体感だろうか。シューベルトの八重奏曲は一時間近くもある長い曲。毎回微妙に味わいが違うとのこと。八人という比較的少人数とその時の会場の雰囲気を巻き込んで奏でる一回性の音楽の面白さ。自分のような素人が聴いてもわかる素晴らしい演奏だった。来年も来てくれたらオーケストラとは違う少人数ゆえの一回性を味わいにぜひまた行きたいと思った。

2016/12/26~2017/01/09 “Trip in AMSTERDAM/Netherland,BERLIN/COLOGNE/Germany” 備忘録

2016/12/27
RIJKSMuseum(アムステルダム国立美術館)/Amsterdam

2016/11/29 エルサレム交響楽団

仕事が終わって急いで池袋の東京芸術劇場へ。西本智実氏指揮。演目はドヴォルザーク「チェロ協奏曲 ロ短調 op.104」、マーラー「交響曲第5番 嬰ハ短調」。チェロ協奏曲のソリストはドミトリ・ヤブロンスキー。チェロの音域の広さにびっくり。チェロ奏者の指の動きの激しさは想像をはるかに上回るものだった。すごいテクニック。オーケストラが鳴るパートが思ったより多くて重厚な感じ。2CELLOSみたいなロック調のチェロ演奏もいいけど、クラシックのハイテクニックの演奏も非常にカッコいい。マーラーの交響曲第5番の第一楽章はトランペットの独奏から始まる葬送行進曲。それから喜怒哀楽全部入り、しかもめまぐるしく表情が変わるイメージ。第4楽章は「ヴェニスに死す」のテーマにも使われていたおなじみの旋律、第5楽章のきらびやかさ、終わり方の華麗さは素晴らしかった。アンコールはなし。イスラエルの管弦楽団ということで頭にキッパ(ユダヤ帽)をかぶっている奏者もいたのが印象的。西本智実さんの指揮もカッコよかった。

池袋芸術劇場に来るとこのスペースでのんびりしてみたいといつも思うのだけど、だいたい立ち入り禁止っぽい雰囲気になっている。他のフリーのテーブル席よりも明らかに居心地良さそうだし、無駄に長居しちゃいそうな雰囲気ではある。_dsf4205

2016/11/26 ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団

パーヴォ・ヤルヴィ氏指揮。オペラシティか横浜みなとみらいで樫本大進さんとの共演でヴァイオリン協奏曲がいいかなとも思ったのだが、近場の所沢でブラームスの交響曲の方を選んだ。初めて航空公園の近くにある所沢市民文化センターミューズに足を運んだ。演目はブラームス交響曲第3番へ長調op.90、ブラームス交響曲第1番ハ短調op.68。アンコールはブラームスハンガリー舞曲第3番と第6番。アンコールも含めて全部ブラームス。個人的に気に入ったのは交響曲第1番。第4楽章のラストの壮麗さは素晴らしかったと思う。他のオーケストラや指揮者の演奏も聞いてみたい。CD探してみようかな。アンコールも各奏者の皆さんが楽しそうに演奏してくれた。15時始まりで17:30くらいに終演。それからパーヴォ・ヤルヴィ氏のサイン会があったようなのだが、びっくりするくらいの長蛇の列。さすがの人気っぷり。親しみやすい氏の人柄のなせるわざでしょう。

椅子が三段重ねになっていて不思議だったのだけど、演奏が始まって納得。単純にドイツの人には日本の椅子は低すぎるのですね。img_1395

2016/10/17 ル・ポン国際音楽祭2016 赤穂・姫路 / 東京特別公演

樫本大進さんが音楽監督を務める音楽祭の初めての東京公演。運営スタッフは多くのボランティアで開催してできるだけ多くの方にクラシック身近に感じてもらいたいというコンセプト。だが、プレイヤーは彼と親交のある国際的に第一線の奏者たち。演目はモーツアルト「オーボエ、クラリネット、バスーンのためのディヴェルティメント第5番 K.439b」、ドヴォルザーク「夜想曲 ロ長調 Op.40.B47」、シェーンベルク「室内交響楽第一番 ホ短調 Op.9」、マルティヌー「マドリガル・ソナタ H29」、ブラームス「セレナーデ第一番 ニ長調 Op.11」。三曲目のシェーンベルク室内交響曲はこんなにカッコ良くて斬新なクラシックがあるのか…と感激してしまった。ラストのブラームスのセレナーデの美しさと濃密さはちょっと言葉にできない。ちなみにチェロはサントリーホール館長の堤剛氏が担当されていた。演奏会の趣旨のおかげか、チケットは一番いい席で5000円。あんなに素晴らしい演奏を聴いた後に金額のことはあまり書きたくないのだが、はっきり言って安すぎると思った。このクオリティの演奏をこの値段で聴けるのははっきり言ってありえない。もう少しチケットが高くなってもしっかりスタッフとプレイヤーに還元してもらって、来年もぜひ東京でやっていただきたいと心から思った。樫本さんとスタッフの皆さん、ありがとう。あなたたち本当にすごいです。プログラムの後半、我々の席とステージを挟んでちょうど向かいあたりの席に美智子皇后さまも来場されていた(おそらくセキュリティの都合なのでしょう。本当は最初から聴きたかったのではないかと思います)。熱心に演奏を聴いて、演奏後は柔和な笑顔で惜しみない拍手を送っていらっしゃったのが印象的。

終演後のサントリーホール。みんな口々に今日の演奏の素晴らしさを柔らかな言葉で褒めていたように思います。こんなにあたたかい終演後の雰囲気はまれかも。_dsf4108

2016/10/15 マリインスキー歌劇場管弦楽団

ワレリー・ゲルギエフ氏指揮。オール・チャイコフスキー・プログラム。演目は幻想序曲「ロメオとジュリエット」、ピアノ協奏曲第1番 変ロ長調 Op.23、交響曲第5番 ホ短調 Op.64。ピアノのソリストはアレクサンダー・マロフェーエフ、ロシアの神童と言われている15歳(!)。ずいぶん華奢な少年が舞台に出てきてピアノの前に座ったな…と思ったらオーケストラと闘うような激しいけれど透明で美しいピアノ。本人は理科室で実験に没頭している少年のような雰囲気で楽しそうに弾いているように見える。目をつぶって音を聞くのと目を開けてステージを見ながら見る印象の違いがこれほど違うのも楽しい。チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番は以前モスクワフィルとダニール・ハリトーノフで聴いているけれど、当然だが全然違う印象。今回の音の方が鮮烈で濃密な印象が残った。交響曲第5番はゲルギエフ氏は完全に暗譜しているのだろう、指揮者台がなかった。演奏は当然素晴らしいものだった。特にあのクラリネットの音色は素晴らしかったと思う。奏者は何ていう人なのだろうか。ソリストのアンコールはメトネル「二つのおとぎ話」よりOp.20-1(カンパネラ)とOp.20-2(アレグロ・コン・エスプレッシオーネ)、オーケストラのアンコールはメンデルスゾーン「真夏の夜の夢」よりスケルツォ。

2016/09/10 トリスタンとイゾルデ

上野の東京文化会館。二期会の公演は初めて。そしてこの作品をぜひ見たかった。トリスタン役はブライアン・レジスターさん。なんか声が出てないと思ったら二つ目の幕間で舞台監督がブライアン氏の体調がすぐれないと異例のアナウンス。そういう意味では納得。イゾルデ役の横山恵子さんの熱演、特に最後のアリアはすごかったと思う。驚いたのはマルケ王役の清水那由太さんのど迫力のバス。ワーグナーのオペラは音楽が単調との意見もあるようだけど、自分はそうは思わない。ヘスス・ロペス=コボスさんとオーケストラ(読売日本交響楽団)の相性も良かったと思うし、今回の二期会のトリスタンとイゾルデ、全5時間の演目をしっかり楽しませてもらいました。この作品はぜひもう一度見たい。

開演前のオーケストラピット。各奏者は練習に余念がない。開演前のこのワクワクする時間が大好きです。_dsf4032

2016/07/21 スペイン国立管弦楽団

サントリーホール。アントニオ・メンデス指揮。ピアノのソリストはジュディット・ハウレギ、ギターはパブロ・ヴィレガス。プログラムでは「スペインの庭の夜」「ボレロ」「アランフェス協奏曲」「三角帽子 組曲 一番二番」。でもピアノのアンコールが「アルベニス:アラゴン」「モンポウ:子供の情景から、庭のおとめたち」の二曲、ギターのアンコールが「タレガ:グラン・ホタ」「タレガ:アルハンブラの思い出」、オーケストラのアンコールは「チャピ:前奏曲」「ビゼー:カルメン組曲から前奏曲」「ヒメネス:ルイス・アロンソの結婚からプレリュード」。プログラム4曲とアンコール7曲。めちゃめちゃ楽しませてくれた。ボレロを生で聴いたのは初めてだったんだけど、すごかったなぁ。パブロ・ヴィレガスさんのギター超絶テク、なんでギターでこんな音が出せるの?って驚いた。ジュディット・ハウレギさんのピアノは弱音が特徴的だったと思う。19時から22時すぎまで目一杯。丸ごと全部スペイン風味のプログラム、大満足でした。帰りは六本木まで出て香妃園で名物の鳥そばとビールをいただいて帰途に。

_DSF4004