Posts in Category: ラトヴィア

2016/12/17 Medus

Medusというのはラトビア語で蜂蜜のこと。6月にラトビアのリガで買ってきた蜂蜜を12月も後半になってやっと開封しました。ラトビアは蜂蜜の名産地と聞いて、宿近くのこちらのお店で買い求めたのでした。お店には何種類もの違う花から採れた蜂蜜が置いてあって、ほとんどがテイスティング可能。スタッフの女性がとても熱心に説明してくれました。花の違いで色も味も全然違っていてびっくり。さて、現地で味わって買ってきた蜂蜜は東京ではどんな味がするんだろう。楽しみ。行ったのはたった半年前のことなのに、懐かしくてグーグルマップのストリートビューでしばらく遊んでしまいました。

左の色が鮮やかなオレンジ色の方が菩提樹、右の濃い色の方が蕎麦から採れた蜂蜜。透過光で撮るとかなりビビッドな発色に写ります。現地では菩提樹はわりとナチュラル、蕎麦のほうがかなり独特な味わいだったと感じたのですが、はてさて。ラベルのデザインもかなり素敵だと思います。

2016/06/06~11 “RIGA” 備忘録

“The days in RIGA” Vol.4/Monochrome

Riga Cathedral_DSF3810

“The days in RIGA” Vol.3

Sunny&Cloudy/Old Riga_DSF3798

“The days in RIGA” Vol.2

Stairs/ 12,Alberta Str_DSF3747

2016/06/06~11 “Trip in RIGA/Republic of Latvia”

ずっと行きたいと思っていたバルト三国。その真ん中の国、ラトビアに行ってきました。滞在したのは首都のリガ。観光スポットは旧市街に集中していて、ゆっくり見て回っても2日もあれば十分なサイズの街にのんびり5日間滞在しました。季節は初夏のベストシーズン。公園の花壇や家々の窓やショーウィンドウも地元の人たちがお花を飾っていて街並みがさらに美しくなっていました。冬が長い国なのだと感じます。晴れると湿度も低くて本当に清々しい気候ですが、雨が降ると急激に気温が下がって10度以下になることも。とはいえ宿で傘を借りて歩き回った雨に濡れた石畳の街もなかなかの風情でした。

“The days in RIGA” Vol.1

Old Riga_DSF3876

2016/06/12 帰ってきました。

先ほど帰国しました。たった一週間日本を離れていただけですが、ずいぶん蒸し暑くなったと感じます。
明日からは通常通りの日々がまた始まります。

SVO→RNT/SU260 乗り継ぎのモスクワは雨でした。_DSF3936

2016/06/06 行ってきます。

梅雨入りした関東を離れて、ちょっとラトビアに行ってきます。初めての国、初めての夏の北欧。楽しみです。帰国は6/12の午前中の予定。一週間の短い旅行ですが、のんびりしてきます。

取り急ぎパッキング完了。忘れ物はない…はず。行ってきまーす。_MG_6434