Posts By satosixx

2017/12/13 葉書

先日、見慣れない差出人から葉書が届いた。薄墨で書かれているので訃報の知らせだろうと思ってはいたのだが、読んで衝撃を受けた。自分とほぼ同い年の友人の訃報を知らせる彼の細君からのものだったからだ。住んでいる場所が離れているので最近は年賀状のやり取りだけの付き合いになっていたとはいえ、突然の知らせに動揺した。しかも亡くなったのは今年の2月だという。
初めて彼に会ったのは1994年の初夏、中国の新疆ウイグル自治区のカシュガルという町。其尼巴合賓館(Chini Bagh Hotel)のドミトリー。自分はネパールからチベットに入ってヒッチハイクでカシュガルに抜けてきたところで、彼は東から西へシルクロードの遺跡をたどってカシュガルにたどり着いたところだった。ドミトリーのベッドが近かったので自然に話すようになる。いつもインディ・ジョーンズが被っているような帽子を被っていて関西訛り、きれいな中国語を操るのが印象的な男だった。大学を卒業して、中国国内の遺跡を訪ねて回る長い旅をしているとのことだった。大学では考古学を専攻して、考古学者への道を模索している時期だったのだろう。考古学者としての仕事の口はなかなかないのだ、とこぼしていたのを覚えている。自分もぼんやりと写真の道に進みたいとは思っていたものの、何から始めればいいのやらさっぱりわからず、自分の将来に対する漠然とした不安を抱えながら途方に暮れていた時期だった。彼のしてくれる遺跡や考古学に関する話は全く自分の知らない世界の話で非常に興味深かったし、将来に対する期待や不安みたいなものも似たような温度感で共有できていたのだろうと思う。昼間はそれぞれ好きな時間を過ごして、夜になるとドミトリーにいる何人かの日本人旅行者と連れ立って安い中華料理や羊の串焼きを食べに出かけて、新疆ビールを飲みながら旅の話だけにとどまらずいろんな話をした。そんな日々が楽しくて3日くらいで出ようと思っていたカシュガルの街のあまりの居心地の良さに3週間くらいのんびりしていたように記憶している。それから自分はカラコルム・ハイウェイを通ってパキスタンに入り西へ向かい、彼はそのまま中国国内の遺跡を訪ねる旅を続けることになる。しばらくしてお互い帰国。
帰国してから彼は郷里の鳥取県に戻り、自分は東京でなんとか今の仕事を始めた。彼が東京に来る時には会って食事をしたり、年賀状で近況を短く伝えあったりしている付き合いが続く中、ついに彼は念願の考古学と遺跡発掘の研究員としての職を得る。それからもずっと年賀状や文面でのやり取りが続いていた。今年も年賀状の用意をしようとしていた矢先の突然の訃報。
今思えばラインどころかメールすら使わなかったのが不思議だ。カシュガルで会ったあの時、自分たちは「何者か」になりたかった。彼は多分「何者か」になれたのだろうと思う。お互い「何者か」なりたくてもがいていた時期のあの濃い時間を共有した後では今風のSNS的なつながりは必要がなかった。年賀状のはしっこの細かい字で書いた3行くらいの近況を知らせる文章が時間も場所もやっていることの領域も越えてつながらせてくれた。葉書でなくても、そのへんのメモ用紙に書いたメモみたいな短文でもよかったのかもしれない。
もう彼からのポストカードや年賀状が来ることはなく、彼の書いた文字も読むことはできないのだと思うとたまらなく悲しく、寂しい。濱くん、さようなら。安らかな旅立ちをお祈り申し上げます。おれはぜんぜん「何者か」にはなれてないわ。まだまだです。

当時使っていたガイドブックを開いてみる。この地図見ながらみんなで一緒にサンデーマーケット行ったよね。夏前でまだ市場に名物のハミクワが出てなくて食べれなかったっけ。ホテルの近くの清真食堂で食ったラグメンうまかったよな。なつかしい。

2017/12/10 マリインスキー歌劇場管弦楽団

去年のプログラムが素晴らしくよかったので今年も行くことにした。去年はオール・チャイコフスキーだったけれど、今年はオール・ラフマニノフのプログラム。指揮は去年と同じくマエストロ・ワレリー・ゲルギエフ。今年のプログラムを見たときは驚いた。13:00からラフマニノフのピアノ協奏曲1番と2番と交響曲第2番を演奏して、18:00からラフマニノフのピアノ協奏曲3番と4番と交響的舞曲を演奏するプログラムなのだという。しかもピアノ・ソリストはデニス・マツーエフさん一人。17:00からはゲルギエフさんのトークあり。このロシアの人たち、元気すぎるわ。どっちに行こうか迷ったけど、18:00からのプログラムにした。去年のベルリンフィルのジルベスター・コンサートでダニール・トリフォーノフさんの3番を聴いていたので、同じロシア人ピアニストでもう一度聴いてみたいと思ったのでした。今回は指揮台がなくてゲルギエフ氏は床に譜面台を置いてわりと自由に動いて指示を出しながらの指揮。始まってみるとマツーエフさんのピアノが鳴るわ鳴るわ、驚いた。ピアノが壊れるんじゃないかと思った。こんなに大音響で鳴るピアノを初めて聞いた。とはいえピアニッシモの繊細な音もおろそかにしてない。全体的には抒情溢れる演奏だったと思う。演奏が終わるとブラヴォーの声がたくさん。拍手喝采。個人的にはどちらかというと4番が好みだったかな。交響曲的舞曲も素晴らしいドライブ感でとてもよかった。ピアニストのアンコールはラフマニノフ「練習曲:音の絵」、オケのアンコールはメンデルスゾーン「真夏の夜の夢」よりスケルツォ。ここだけは去年と同じか。すごいピアノとさすがマエストロ・ゲルギエフ氏のマリインスキー管弦楽団の美しい演奏。素晴らしいオール・ラフマニノフ・プログラム。今回は一番前の列の右側の席だったのだけれど、目をつぶって聴かないと目の前のヴァイオリンのパートが目に入るので意識的に大きく耳に入ってくるように聴こえてしまう。やはり音をしっかり聴くには二階席がいいと思った。とはいえ前方の列はオケの音圧と指揮者の息遣いが間近に感じられて、臨場感があってそれはそれで捨てがたいのが悩みどころ。

アークヒルズ・カラヤン広場のクリスマス・イルミネーションがきれいだった。よく見てみると細かいディティールにこだわったデコレーション。

2017/12/09 N響定期

先週のラヴェル縛りのプログラムが素晴らしかったので、今週も引き続き同じくシャルル・デュトワさん指揮のN響定期を聴きに。今回のプログラムはストラヴィンスキー「幻想的スケルツォ」、サン・サーンス「ピアノ協奏曲第5番(エジプト風)」、ピアノ・ソロイストはジャン・イヴ・ティボーデさん。その後にストラヴィンスキー「火の鳥」の1910年全曲版。今日のお目当ては火の鳥。実はこの曲がバレエ音楽だとは知らなかった。「組曲」なのかと思っていた。ぜひこの機会にこの曲のオリジナルを最初から全て聴いてみたいと思ったのでした。組曲より冗長な感じがするかもと思っちゃったのが申し訳ないくらいのカッコよさ。最後の盛り上がりのあたりでちょっと鳥肌。音の絵巻物ですね。サン・サーンスのピアノ協奏曲も初めてだったけど一発で好きになった。ちょっと迷ってて、直前に取ったチケットだけど行ってよかった。

代々木公園脇の歩道橋。ステップに銀杏の葉が積もって目に鮮やか。

2017/12/06 熊谷守一展

なかなか回顧展を見ることができなかった。今回没後40年ということで竹橋の東京国立近代美術館で熊谷守一展が企画されたようだ。だいぶ前に豊島区の熊谷守一美術館に仕事でうかがったのが熊谷氏の画にふれたきっかけ。その時に「夕暮れ」という題名の太陽を描いた画を見たとき、光に照らされた対象を描くのではなく、光源自体を画にするという発想に驚いたのでした。
画学生だった頃の作品からじっくり。独自のスタイルを身につけて「熊谷守一」になっていく転換点的な画や独自の表現を身につけた後の作品まで全部で200点以上。平日の午後ということもあって人も思ったよりも少なくてのんびり自分のペースで鑑賞できた。すごいと思ったのはやはり今回も70歳からの作品群。80歳以降の作品の色使いのビビッドさ。画題の選び方と組み合わせの感覚。70代の中盤で身体の具合が良くなくなって、ほとんどの時間を庭で植物や蝶や蟻や猫を観察しながら暮らしていたのだという。そこにあって当たり前ともいえる身近な事物の中に自分なりの視点で面白がれることを見つけて、それを卓越した観察眼と独自の表現テクニックで作品として昇華させることができるんだ。あんな風に何事も自分なりに面白がれる好奇心をいつまでも持ち続けられたら素晴らしいこと。

東京国立近代美術館のエントランス付近に並べられていた椅子に陽が差していた。

2017/12/03 N響定期

晴天。午後、明治神宮前駅から代々木公園の紅葉した木々を見ながらNHKホールまで歩く。オーチャードホールでのN響定期には行ったことがあるけれど、本拠地で聴くのは初めて。そうか、ここで紅白歌合戦やっているんだ(何年も見てないけれど)。だからパイプオルガンが会場に向かって右の壁に設置されてるのか。今回のプログラムはパーヴォ・ヤルヴィさんの指揮ではなくてシャルル・デュトワさんで全曲モーリス・ラヴェルのプログラム。「古風なメヌエット」で始まって、組曲「クープランの墓」、「左手のためのピアノ協奏曲」のあと、15分の休憩。「道化師の朝の歌」、「スペイン狂詩曲」のあとは「ボレロ」で〆。今回一番聴いてみたかったのは「左手のためのピアノ協奏曲」。ピアノはピエール・ロラン・エマールさん。題名の通りピアノは全て左手のみで演奏する。第一次世界大戦で右手を失ったウィーンのパウル・ウィトゲンシュタインという人の依頼で作られた曲。非常にエモーショナルな曲で、本当に左手しか使わない演奏でしかも協奏曲なんて初めての体験。非常に驚いたし、ものすごいカッコよさ。ラストの「ボレロ」はなんというかすっきりしてて端正な印象を受けた。2種類のメロディを繰り返すという曲が指揮者次第でこんなに印象が違うものになるのかと。小太鼓の黒田英実さん、ブラボーでした。

帰りにホールを出ると並木道が「青の洞窟」と銘打ったイルミネーションで飾られていて驚いた。なんというか、非常にケミカルな色合いの青色LED。インパクトはあると思うけど、風情は..どうだろう。デジカメで撮ると発色が鮮やかすぎて色が破綻している。あと4週間で今年が終わってしまうのが信じられない。

2017/11 ジムメモ

2017/11/24 ゴッホ展

午後に時間が作れた。怖い絵展のすごい行列を横目にゴッホ展を観に都美館へ。今回の展示のテーマはゴッホが受けた日本からの影響という視点。ゴッホは浮世絵や日本に関する文献を収集して、独自の日本観を持っていたようだ。去年アムステルダムに行った時にゴッホ美術館で見た作品が多数あるのはわかっていたのだけれど、そういう視点での展示も面白いだろうと。それに展示のテーマがどうであれ、ゴッホの絵なら何回観てもいい。
ゴッホが影響を受けたであろう広重の東海道五十三次の浮世絵も展示されていた。刷りも保存状態も良好。浮世絵はニトリ蔵の作品が多くて意外の思い。目玉であろう渓斎英泉の「雲龍打掛の花魁」とそれをゴッホが模写した作品の対比も非常に興味深かった。どこに力点を置いて描いて、どこを省略したのかを観ることができた。そしてそれはなぜなのだろうかと自分なりに仮説を立てて楽しむことができる。展示の後半はゴッホの死後、主治医(とその家族)のもとを訪れた日本人の芳名録関連の展示が多数。その辺りはちょっと省略してさらっと見るにとどめた。「渓谷(レ・ペイルレ)」や「ポプラ林の中の二人」も初めて見る作品だったし、アルル時代に描かれた「寝室」をもう一度観れてよかった。

この木は何かに似てると思ってしばらく考えた。そうか、リトル・ミイの髪型か。上野公園を通って上野駅に向かう途中で。

2017/11/14 運慶展

御徒町のアーンドラキッチンで昼を食べてから、行きたかった運慶展を観に東京国立博物館へ。エントランスに着いてみると入場まで30分待ちとの表示。雨が降っている中で並ぶのは嫌なので帰ろうかと思ったけど、会期中に来られるのは今日しかないので腹を決める。ちょうど30分くらいの待ちだったと思うけど、想像していたよりは短く感じた。係員さんによると今日は空いてる方とのこと。そんな感じなので中も当然混雑。初めてオーディオガイドを借りるのに行列をした。いつもならその辺で心が萎えてくるのだが、今回は違った。中はほぼ国宝と重要文化財ばかりと言っていい内容。運慶の父、康慶作の仏像から始まる展示。運慶の四天王の彫刻の迫力の凄いこと、そして如来の表情の穏やかなこと。有名仏師の作った仏像をちょっと観に行ってみるかという認識だったけど、これはもはや彫刻展だと思った。15世紀にミケランジェロがキリスト教に題材をとって大理石に鑿を振るったように、12~13世紀の平安時代から鎌倉時代の日本で運慶は木に鑿を振るっていた。そして800年以上前の運慶が彫った多数の木彫がいい状態で現存しているのは奇跡と言っていいのではないだろうか。今回は博物館での展示。本来お寺に安置してある状態だと、上から下まで適切にライトが当てられた状態で、しかもこんなに近くで細部まで鑑賞することは不可能だろう。今回は横にも裏にも回ってじっくり観ることができる。お寺の雰囲気を楽しみながら拝観するのもいいけれど、こういう企画展でいちどきに会する運慶の彫刻をじっくり観察できるのは稀有な機会。オーディオガイドの解説をじっくり聞いて、解説文をしっかり読んで、お気に入りの仏像を何回も見直したりしながら結構長居してしまった。人いきれの中にいたせいでちょっと疲れたけど、想像をはるかに超えるかっこよさ。疲れ気味だったけど行ってよかった。それにしても評判通りの凄い展示だった。これは混むわけだ。しかしこんなに国宝と重文ばかりの展示をよくぞ実現させてくれたものだと思う。こちらからは見えない苦労が多々あったことだろう。実現させてくれた関係者の皆さんの熱意に頭が下がる。

帰り際に。東京国立博物館の前の噴水の池の中に寛永寺の山門、文殊楼が再現されていて驚いた。開催中の数寄フェスの大巻伸嗣さんの作品だそうだ。雨降ってたけど、みんな楽しそうに写真を撮っていた。

2017/11/01 ブラック・ダイク・バンド

仕事が終わって急いで池袋の東京芸術劇場へ。去年のブラックダイクバンドの評判がとても高かったので今年来日することがあれば行ってみたいと思っていたのでした。イギリスの実力ナンバーワンのブラスバンドとのこと。指揮はニコラス・チャイルズさん。演奏が始まってまず感じたのはオーケストラの金管の音と比べて非常に柔らかいと感じたこと。使用する楽器もオーケストラで用いる金管楽器とは違うようだ。前半のプログラムは「クイーンズバリー」で始まって、映画「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎のテーマ」、「ジェームズ・ボンド/007組曲」、「トレボーン湾のほとりで」、「メトロポリス1927」のあと20分間の休憩。後半は「スルー・ザ・フレイムス」のあとはソリストショーケース「アニー・ローリー」「オーバー・ザ・レインボー」「ブラヴーラ」3曲それぞれソリストたちの超絶技巧を堪能できた。最後はビッグ・バンド・セットで「オーパス・ワン」「アイ・オンリー・ハヴ・アイズ・フォー・ユー」「マック・ザ・ナイフ」「トゥ・ボールドリー・ゴー」。ビッグ・バンド・セットでの演奏は大盛り上がりだった。アンコールはバッハの「トッカータ」と「ハイランド・キャッスル」。バッハをブラスバンドで聴いたのは初めてだったけど、アレンジが斬新で非常にカッコよかった。ブラスバンドがこんなにカッコいいなんて想像もしていなかった。世の中には自分が知らないすごいものがまだまだたくさんあるのだよなぁとしみじみ。ラストの曲もよかったけど、おじさんは007のテーマにしびれた。また来年来てくれないかな。

2017/10 ジムメモ