2013/12/09 FUJIFILM X100S

コンパクトデジカメを新調しました。昨日まで使っていたのはキャノンのIXY910という今となっては古いカメラ。ちょっと前のコンデジらしく、高コントラストで高彩度。ぱっと見はキレイだけど、ちょっと陳腐な絵になってしまうんです。
新調するにあたっては単焦点で高画質、控えめなデザインで探していました。ちょっと前から目をつけていたのがFUJIFILMのX100Sというカメラ。ちなみにNikonのCOOLPIX AとRICOHのGRとで悩みました。どれもかなり魅力的な機種なのでちょっと悩みましたが、決め手は35ミリという画角。NikonとRICOHは28ミリなんです。35ミリの方が自分にとってナチュラルかな、と。
まだ取説を斜め読みしかしてないのですが、今どきのコンデジって一眼レフ並みの細かいカスタマイズをすることができるんだ…と感心しました。色温度をケルビン値で直接入力できるのはツボです。昔使ってたフィルムの銘柄のテイストが活かされてるというのもうれしい。あとはRAWとjpegデータを同時に書き込めるというのもポイント高いですね。
一つ気になったところが。付属のカメラストラップがダサいんです。ライカにつけてた自作の皮ストラップをつけてあげようと思います。
仕事道具ではないので久々に気分が上がります。と、その前に取説読んで使い方マスターしとかないと。

さぁ、このカメラで最初に何を撮ろうか。楽しみ。_MG_7489

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。