2018/05/15 Nouveau Petit Royal Dictionnaire

何十年かぶりに辞書を買った。旺文社の仏和辞典、プチロワイヤル。ちなみに大昔、学生の時の第2外国語はフランス語。使っていた辞書は当時もプチロワイヤル。調べてみると当時は初版(1986/01/11初版発行)のものを使っていたようだ。ちなみに今日届いたのは第4版(2010/03/25発行、2015重版)。デザインが当時とあまりに変わっていて、というか、今時の辞書の表紙ってこんな素敵なデザインなんだ!と驚く。CDなんかも付いてるし。周りには辞書は読み物という人もいて、そうなの?と思っていたけれど、パラパラめくってみると確かに面白い。弁護士を表すavocatが野菜のアボカドという意味もあったり、テニスの語源はtenirの命令形のtenez(受けてみろ)だったりといったことが書いてあったりする。それに出版社が違うと動詞の変化の説明の仕方の巧拙や例文のセレクトの時代性が違っていて比較してみると楽しいのだとか。なるほど。そういう楽しみ方をしている人が世の中にいるんだということがまず面白い。ネット全盛の時代だけれど、紙の辞書を手で引いて何かを調べるのって懐かしくもどこか新鮮で楽しい。Google先生の翻訳もいいけど(何回でも発音してくれるのは大変助かるしうれしい)、用例と語法上の注意の見やすさと一覧性に優れていることが紙の辞書の圧倒的な利点だと思う。仏仏辞典が買えるくらいにはなりたいものよ。がんばろう。

最近買った本の中で、注文して届くまで一番楽しみだった本が辞書。形容詞がNouveauなので辞書という単語は男性名詞だとわかる(nouvelleだと女性名詞)。学生の時分は名詞に性別があることに驚いたし、動詞の変化の多彩さに閉口したっけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。