2018/04/15 日本フィル 第223回 サンデーコンサート

朝起きてSNS見てたらこのコンサートが今日あること、当日券もあるとの情報が。気が向いたので午後一人でふらりと池袋の東京芸術劇場に行って当日券を買って聴いてきました。ザハール・ブロン氏が指揮とヴァイオリンのソリスト、服部百音さんがメインのヴァオリンのソリストという内容にひかれました。確か樫本大進さんもブロンさんの門下生だったはず。どんなヴァイオリンを弾く人なんだろうと思っていたのでした。
プログラムはモーツアルトの「フィガロの結婚」の序曲から。そしてバッハの「2挺のヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043」。この曲でブロンさんと服部さんがそれぞれソリストを務める。個人的にはこの曲が今日一番聴いてみたかった。二人の師弟関係を越えて、楽器で会話するってこういうことを言うんだ..という感じの息がぴったり合った素晴らしい演奏でした。バッハの時代の曲らしくチェンバロも入っていて非常に楽しく華麗な曲。それにしてもバロック音楽が全く古めかしく聞こえなかったのは今日が初めてかも。ここでアンコール、プロコフィエフの「2挺のヴァイオリンのためのソナタ より第1楽章と第2楽章」。二人のヴァイオリンのセッションは見ていても聴いていても本当に楽しい。ブロンさんの音は深くて温かみのある音、服部さんの音は澄んでいてしなやかな音。それからチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35」。この曲は確か過去2回聴いていて、両方ともリサ・バティアシビリさんがソリストだった。彼女以外のソリストで聴くのは初めて。リサさんのヴァイオリンの印象とは全く違っていた。リサさんの音はもっとワイルドな印象だったけど、服部さんの音はもっと澄んでて柔らかいんだけどどこか粘りがあるように感じる。超絶技巧を聴いている間にあっという間にラストの第3楽章。最後のソリストアンコールはチャイコフスキー「ワルツ・スケルツォ op.34」。拍手喝采で〆。素晴らしい。6月にザハール・ブロンさんとその門下生、服部さんや樫本大進さんとの競演のステージもあるようだ。そちらも今から楽しみ。14時に始まってまだまだ明るい16時半にはもう自宅に戻ってコーヒーを飲んでいた。

ここに来るといつもながら演劇のプログラムもとても気になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。