2018/03/21 コンスタンチン・リフシッツ ピアノ・リサイタル

朝から冷たい雨。麹町の紀尾井ホールにコンスタンチン・リフシッツさんのピアノ・リサイタルを聴きに行ってきた。彼のピアノを聴くのはほぼ2年ぶりのようだ。前回はオール・ラフマニノフのプログラムだったが、今回はバッハ。サブタイトルは「バッハは踊る」。今回のリサイタルのテーマは「舞曲」。彼のゴルトベルグ変奏曲のCDは何回も聞いたことがあるのだけど、他のバッハの曲を生で聴くのは初めて。「フランス組曲」「イギリス組曲」「パルティータ」の3公演あったのだが、今回はあまり名前を聞いたことのない「イギリス組曲」にした。全6曲で構成されるこの組曲、最初はちょっと固いかなと思っていたけれどみるみる集中力を増して、ゾーンに入ったようなすごい演奏になっていった。途中休憩もはさみつつ、全曲が終わったのは2時間半くらいたった頃。そこからのアンコールはバルトークの「ミクロコスモス」ブルガリアのリズムによる舞曲第4番と第3番と第2番。終演はすっかり夕方。それにしても超絶技巧&クールなんだけど、どこか温かみのある音。あのテンションの演奏で3時間聴衆を魅了するっていうのはすごいことだ。他の曲の会のチケットも買えばよかった。特にパルティータの回。天気はあいにくだったけど、素晴らしい時間を過ごせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。