2018/03/06 がんばろう日本!スーパーオーケストラ

仕事を早めに切りあげてサントリーホールへ。前回に引き続き今年も行ってきた。今回はサントリーホール。プログラムはメンデルスゾーンの「ヴァオイリン協奏曲ホ短調op.64」、リスト「ピアノ協奏曲第1番ホ長調」、ベートヴェン「交響曲第7番イ長調op.92」。指揮は海老原光さん、ヴァイオリンのソリストは小林美樹さん、ピアノは金子三勇士さん、コンサートマスターは小森谷巧さん。初めて金子さんのピアノを聴いたのだけどピアノの鳴りがすごかった。トライアングルが絶妙の効果。ベートーヴェン交響曲第7番の第三楽章と第四楽章の終盤のドライヴ感と音がうねる感覚はちょっと鳥肌が立った。最後はオーケストラの演奏で「ふるさと」。ふだんこの曲の歌詞をまじまじと見ることはないのだけど、オーケストラの素晴らしい演奏のおかげだろうか、歌詞の文字が立ち上がってまっすぐ心に入ってくる。今回もうるっとしてしまった。これも音楽の力だよなぁ。チャリティのレベルをはるかに超えた素晴らしい内容のコンサートだと思う。ぜひ来年も来たい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。