2017/11/14 運慶展

御徒町のアーンドラキッチンで昼を食べてから、行きたかった運慶展を観に東京国立博物館へ。エントランスに着いてみると入場まで30分待ちとの表示。雨が降っている中で並ぶのは嫌なので帰ろうかと思ったけど、会期中に来られるのは今日しかないので腹を決める。ちょうど30分くらいの待ちだったと思うけど、想像していたよりは短く感じた。係員さんによると今日は空いてる方とのこと。そんな感じなので中も当然混雑。初めてオーディオガイドを借りるのに行列をした。いつもならその辺で心が萎えてくるのだが、今回は違った。中はほぼ国宝と重要文化財ばかりと言っていい内容。運慶の父、康慶作の仏像から始まる展示。運慶の四天王の彫刻の迫力の凄いこと、そして如来の表情の穏やかなこと。有名仏師の作った仏像をちょっと観に行ってみるかという認識だったけど、これはもはや彫刻展だと思った。15世紀にミケランジェロがキリスト教に題材をとって大理石に鑿を振るったように、12~13世紀の平安時代から鎌倉時代の日本で運慶は木に鑿を振るっていた。そして800年以上前の運慶が彫った多数の木彫がいい状態で現存しているのは奇跡と言っていいのではないだろうか。今回は博物館での展示。本来お寺に安置してある状態だと、上から下まで適切にライトが当てられた状態で、しかもこんなに近くで細部まで鑑賞することは不可能だろう。今回は横にも裏にも回ってじっくり観ることができる。お寺の雰囲気を楽しみながら拝観するのもいいけれど、こういう企画展でいちどきに会する運慶の彫刻をじっくり観察できるのは稀有な機会。オーディオガイドの解説をじっくり聞いて、解説文をしっかり読んで、お気に入りの仏像を何回も見直したりしながら結構長居してしまった。人いきれの中にいたせいでちょっと疲れたけど、想像をはるかに超えるかっこよさ。疲れ気味だったけど行ってよかった。それにしても評判通りの凄い展示だった。これは混むわけだ。しかしこんなに国宝と重文ばかりの展示をよくぞ実現させてくれたものだと思う。こちらからは見えない苦労が多々あったことだろう。実現させてくれた関係者の皆さんの熱意に頭が下がる。

帰り際に。東京国立博物館の前の噴水の池の中に寛永寺の山門、文殊楼が再現されていて驚いた。開催中の数寄フェスの大巻伸嗣さんの作品だそうだ。雨降ってたけど、みんな楽しそうに写真を撮っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。