2017/10/22 ヴラマンク展

朝から強い雨。選挙に行ってから中央道に乗って甲府昭和で降りる。下道を北に4kmくらい走ったところに山梨県立美術館がある。そこで9/2からやっているヴラマンク展が気になっていた。クライミングで雨敗退した時にでも行こうかと思っていたのだけど、雨が多かったりなんやかんやで機会がなくて最終日の今日になってしまった。ここはミレーのコレクションでも有名で常設展示をやっている。どっちから見ようかと思ったけど、企画展のヴラマンク展から。ヴラマンクといえば強烈な色使いと堅固なアングルの風景画というイメージだった。それが大好きだったのだけど、今回初めて静物画も見ることができた。セザンヌから影響を受けた初期の作品も初めて見る。補色の扱い方が独特だと感じる。色のトーンでそう感じるのか、タッチのせいなのか。1925年から1955年の全盛期の風景を描いた作品も原色に近い色を多用しているのだけれど、なぜか陰鬱なイメージを受ける。ゴッホとかユトリロの絵から受ける印象と少し似ているのかもしれない。空の描き方でそう感じるのだろうか。色とかコントラストの対比だけでなく、地上と空自体を対比させているようにも感じられたし、昼の中にも夜の雰囲気を感じる。独特な印象を与える不思議な魅力を湛えた画たち。晩年の作品はリトグラフだった。油彩ほど強烈なインパクトはないけれど、彼の色彩感覚のエッセンスが凝縮していると思う。ゆっくり見終わった頃にはお昼時だったので併設のレストランで食事をして、今度はミレーの常設展示室へ。種をまく人の実物を初めて観れた。この展示室はミレーの作品だけではなくて、19世紀の同時代のフランス画家たちの作品も展示されていて見ごたえのある内容。それからもう一つの企画展示室へ。こちらはこの美術館がコレクションしている作品を、あるテーマに沿って展示してみるという趣向のようだ。今回のテーマは「たべる」と「えがく」の不思議な関係、ということのようだ。主に山梨県にゆかりのある作家の作品が多く展示されていた。今まで知らなかった作家の絵もたくさん見れた。日本画、洋画、エッチング、コラージュとバラエティに富んだ展示内容。中にミレーのエッチングもあったりでさらっと流すつもりが結構じっくり楽しんでしまった。なんだかんだでお昼をはさんで半日以上美術館で楽しんだ。午後はホールでチェロの演奏会をやっていたり、子供の絵の展覧会をやっていたようで元気な子供の声がホールに響いていたり。東京の美術館の雰囲気とはちょっと違っていて興味深い。柔らかい雰囲気の美術館。コレクション展は年に4回展示替えをするようなのでまた来たい。

終日強い雨。晴れてたら青い空にレンガの色が映えて素敵なんだろうなと思った。行き帰りの高速道路は50km規制。水煙がすごくて運転はちょっと緊張した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。