2017/10/01 小川山

早起きして小川山。駐車場近くで久々にヘビークライマーきんさんにお会いしてちょっと話す。それから小川山レイバックでアップしてイムジン河の岩へ。おーこれがイムジン河か。のりのりさんが必要なギアを入手できて、やってみます?とのことだったので細かいカムセットとナッツの練習&ビレイがてら連れてきてもらった。先客が何人かいたので、ラインを観察。のりのりさんがプロテクションの位置と番手を確認しつつ、ひとまずトップアウト。そのあとにそのままトップロープでトライした。プロテクションの位置と個所とムーブを探りながら。おそらくここが核心と思われるパートはあまりじっくり探らずに、ひとまず上までムーブ確認のために抜けておく。フェイス的ムーブと言われている通り、クラック特有のコツの要るムーブは使わなくても登れそうだ。ムーブ自体はそんなに難しくないと感じた。ただ、小さいカムをセットするのは慣れてないせいで緊張するし時間もかかる。確実にプロテクションを決めるのが核心ってこういうことか。登るためのムーブ作りやムーブをこなすということとは(自分にとって)全く別の感覚に切り替えなければならない。実際のクライミングの合間に今まで存在しなかったギアにシフトを入れながら登る感覚で(しかも基本的にうまく入らない)、思い通りにいかない。思い通りにできないというか、気持ちの切り替えがうまくできてないという感じだろうか。プロテクションのセットとクリップがセットになったムーブとして身体が認識するまでのもどかしさなのだろう。ボルダリングからリードに移行した時のクリップの面倒くささのグレードを上げたようなものかもしれない。次の便は夕方暗くなり始めてから。核心パートでやはりプロテクション位置とムーブ構成で悩む。時間もないので仮決めのムーブしか作れず。そこからのパートはプロテクション位置の調整でなんとかなるはずというのはわかった。最後ののりのりさんのリードトライは暗くてプロテクションがうまく取れなかったようだ。そこからはあっという間に暗くなってしまった。こういうこともあろうかと残しておいたトップロープでヘッテンつけて回収へ。真っ暗な中、食い込んだナッツの回収がこんなに大変だとは思わなかった(笑)。作業中、クラック内に住んでいるのであろう見たこともない形状の昆虫が内側を走り回っていた。彼らにしてみたら我々クライマーは相当迷惑な存在なのだろうなぁと思いながら、岩にぶら下がって小さいトンカチでナッツキーを叩く日曜の夜。

午前中、陽が当たるイムジン河。よく見ると左側にボルトが打たれているラインがあった。誰かのプロジェクトなのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。