2017/08/04 アルチンボルド展

午後時間ができたので前から気になっていたアルチンボルド展に行ってきた。今まで自分が見たいと思っていた絵とは明らかに違う雰囲気の絵なのだけど、何となく気になっていたアルチンボルドの絵。
正直、もしかしたら夏休みの子供向けのだまし絵的な視覚的に面白いだけの絵の展示かもしれないと思っていた。会場は確かに夏休みの子供連れが多かったのだけど、心配は全くの杞憂。レオナルドダヴィンチに影響を受け、自然科学に深い関心を抱いて正確なデッサン力と筆力を身につけた画家の非凡な発想の絵。徹底的なリアリズムと正確無比な描写を誰にも真似できない発想で組み合わせて写実画であると同時に非常に魅力的な人物画に仕上げてある。組み合わせという発想の方向性次第でリアリズムはこういう方向に花を咲かせることができるのか。奇想、奇才、唯一無二とはこういうことかと。かなり驚いたし、感動した。

不忍池に寄り道。花もきれいだけど葉の独特の質感もいい。出淤泥而不染、蓮は泥より出でて泥に染まらず。

夏休みの上野公園、結構な人出でした。曇りで湿度高し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。