2017/07/19 立川志らく落語大全集 夏

仕事終わりに永田町駅のC&Cで急いでカレーをかっこんで国立演芸場へ。今回のテーマは「江戸の風の巻」。立川らくぼさんの「道灌」で始まって、立川志らく師匠の「引越しの夢」「ちりとてちん」の後仲入り、最後は「唐茄子屋政談」。立川らくぼさんの語り口はニヒルというか、どこか捨てばちな感じもして独特な語り口。志らく師匠のテレビの話から始まるマクラでのっけから爆笑。ラストの唐茄子屋政談、「情けは人の為ならず」の言葉で終わったが、人によって色々な解釈ができる深い話だと感じた。

今回のパンフの裏の志らく氏の解説。江戸の風、とは。上方落語にも江戸の風が吹く。面白いねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。