2017/06/24 小川山

ゴジラ岩。先週は寒さに負けてクソしょぼいクライミングだった。今日は現地入りしてみると気持ちがいいくらいの晴れ。フリースとダウンを持ってきたのをやや後悔しつつ、汗をかきつつアプローチをこなし現地入り。壁に陽が当たりだす午前中にQD掛けとムーブ確認。次の便で登るつもりが…左手核心ホールドの狙いを外してフォールを一便、左手の核心ホールドの持ちが甘いままムーブに入ってしまって持ち直そうとして失敗してフォールを一便。壁の状態は決して悪くない。が、しかし…めっちゃハマってるんですけども…。壁に陽がガンガンに当たってるので日陰でしばし昼寝とレスト。午後になって薄雲がかかって日差しが和らいでからトライ再開。またしても左手の核心ホールドの持ちが甘くてフォール。そして最終便でやっとこさRP。登れたからよかったけど、ずいぶん便数出してしまった。核心パートの個々のムーブは強度はそれほどではないし苦手ではないものの、正直得意ではなくて精度が要求されるムーブがいくつか連続することによって結果的に成功確率が下がったのだろうと思う。新しいタイプの苦手パターンでそういった意味では新鮮な課題だった。今まで自分の知らなかった自分の弱点を再発見。今更ながらだけれど、グレードは単なる数字であって内容を表すものではないということを痛感した。相変わらず外岩クライミングの海は深く、そして今でも新しい発見にあふれている。

すずめ氏もかなりいいところまで攻め立てていた。写真は夕刻の最終便、ワンテンからの最後のウィニングラン的ちょっとドキドキムーブ。それにしてもこのトライは本当に惜しかった。次回行けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。