2017/06/09・11 ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団

2017/06/09
仕事が終わってから車で三鷹の武蔵野市民文化会館へ。初来日のブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団を聴きに。指揮はステファン・ドゥネーヴさん。G.コネソン:炎の言葉、s.プロコフィエフ:シンデレラ組曲、c.ドビュッシー:交響詩「海」、M.ラヴェル:ボレロ。今回の席は前から二番目。前過ぎて音が今ひとつよくなかったように感じた。今度は二階席を取ってみようと思う。指揮者のステファンさんの日本語での口上も楽しかったし、演奏も素敵だった。前に一度だけ小川山の帰りにNHKFMで聴いたことがあったシンデレラ組曲もよかったし、ボレロはやはり好きだ。海もフランス音楽らしくキラキラしてて素敵だった。ドビュッシーの部屋の壁に葛飾北斎の富嶽三十六景・神奈川沖浪裏がかけてあって、そこから曲想を得たという説がある。真偽のほどは定かではないけれど、もしそうならちょっと面白い。アンコールはビゼー:「アルルの女」よりファランドール。

2017/06/11
日曜の午後、池袋の東京芸術劇場に違うプログラムを聴きに行ってみる。二階席。プログラムはG.コネソン:炎の言葉、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、交響曲第3番「英雄」。ピアノのソリストはモナ・飛鳥・オットさん。どこかしっとりとして温かい印象を受けるピアノだったと感じた。やっぱりベートーヴェンいいなぁ。ソリストのアンコールはF・リスト:ヴェネツィアとナポリより「カンツォーネ」、オーケストラのアンコールはシューベルト:「ロザムンデ」より第3番。

日曜の池袋。演奏が終わってもまだまだ日が高い。

6 Comments

  1. 返信
    REY 2017/06/14

    ニアミスでーす。
    私も日曜日芸術劇場に行ってました。
    同じアングルの写真とりました。(同じなのはアングルだけですが)

    • 返信
      satosixx 2017/06/14

      おお、ニアミス!演目違いでしたね。芸劇は大きな吹き抜けがあって気分がいいです。
      空間を贅沢に使って、自然光を積極的に取り込んだ素敵な空間だなぁと。
      つい写真撮りたくなっちゃいますよね。

  2. 返信
    のりのり 2017/06/14

    ボレロ聴きたい( ´∀`)

    • 返信
      satosixx 2017/06/14

      生ボレロはやはり素晴らしいです。定期的に聴きたくなっちゃいます。
      結構いろんなオケが演奏してるのでぜひ聴きに行ってください。
      自分が好きな動画はこちら

      • 返信
        のりのり 2017/06/15

        演奏すると更に上がります(*≧∀≦*)ワタクシフルートなので、あの出だしにもうクラクラです。

        • 返信
          satosixx 2017/06/15

          演奏する側だったんですね。
          そう、あのフルートの音。しびれます。
          楽器が弾けない自分にはうらやましいかぎりですよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。