2017/05/19 不幸の家族

4/24に本多劇場で観た不幸の伊三郎の続編。前回は志らく師匠の一人芝居だったけど、今回は下町ダニーローズの演劇仕立て。前半は志らく師匠の落語、親子酒から始まった。伊三郎は志らく師匠、虎吉はモロ師岡さん。セツコ役の川上麻衣子さん、雪子役はにしおかすみこさん。モロ師岡さん川上麻衣子さんの芝居がすごかった。にしおかすみこさんの声も耳に残っている。ギャグが積み重なって大笑いした後に突然やってくるオチはえっ?っていう感じだったが、まぁシュールでよかったんじゃないかと(来年も演るかもなのでネタバレNGとのことです)。力量ある役者さんたちの熱い芝居も捨てがたいのだけれど、個人的には前回の志らく師匠の一人芝居の方が好きかなと思った。とはいえ来年以降は演技も内容ももっと練ってくると思うので楽しみだ。

パンフレット。裏面の志らく師匠のQ&Aが興味深い。

2 Comments

  1. 返信
    REY 2017/05/30

    下町ダニーローズ、以前友人が出演してた時に観ました。
    たぶん、志らくさんの落語と2本立てだったと思います。

    私も落語の方が好きだったなあ。(友人は良かったけど)

    • 返信
      satosixx 2017/05/30

      そうそう、今回も落語との二本立てでした。親子酒。落語と芝居との二本立て、気前がいいなぁと思います。
      演劇風落語?落語風演劇?どちらにしても、新しいジャンルなのかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。