2017/05/07 小川山

GW最終日。天気も良さそうだし、ジムに行く気はしない。最終日は高速も岩場も空いていると踏んで小川山へ。思った通り駐車場はガラガラ。今日も先週に引き続き兄岩に行ってみることにした。スラブでアップして、前回指が冷えてテンション入れてしまったアルパイン少女マミにトライ。マスターですんなりRP。状態も良かったし、何より前回より寒くないので指が冷えていない。普段通りの登りができた。しかしこのルートはテクニカルで内容が濃い。出会うべき時期に出会えば得るものが多いであろう、いいルートだと思う。実はこのルートはリードを始めたばかりの頃に連れて来てもらって、上部から変な落ち方(単に自分の落ち方が悪かったのだが)をして恐怖心を植え付けられてトラウマになっていた思い出の課題。まだまだ外岩の経験が少なくてリード慣れしてない時期、小川山らしいテクニカルな内容のゆえにあの時の自分に勧めてくれた人の気持ちがやっとわかった。あの時から自分に植え付けられたこのルートに対する恐怖心をいいスタイルで成仏(?)させてあげられたと思う。それからスケアクロウを登って、もう一度アルパイン少女マミを登って、ムーンサルト51号を登ってビレイしたりダベったりで夕方まで遊んで帰途に。釈迦堂で夕食を食べて渋滞に遭遇することもなくスムーズに帰れた。

アルパイン少女マミにトライするすずめ氏。このトライはとても惜しかった。オリジナルのフットホールドを見つけた途端に核心ムーブに流れが出てきた。次回あたり行けそう。

2 Comments

  1. 返信
    ヘビークライマーきん 2017/05/09

    やはり、マミ岩に居たのはH山さん達でしたか。トラウマからの解放おめでとうございます。いくつかありますよね。昔昔、酷い目に合ったそんなルート。笑。

    • 返信
      satosixx 2017/05/09

      きんさんの車もすぐ近くに止まってるなぁと思ってました。それにしても、こないだのコンディションは最高でしたね。
      いい機会なので初めてマミにさわったのはいつだったか調べてみました。なんと2006年の7/30。11年ものあいだトラウマを抱えていたことになります(笑)。あーすっきりした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。