2017/04/25 バベルの塔展

御徒町のまことやさんで桜海老かき揚げ定食をいただいてから上野の東京都美術館まで歩く。バベルの塔展は行列してるかなと思ったけれど、すんなり入れた。お目当てはヒエロニムス・ボッシュとピーテル・ブリューゲルの作品群。展示は16世紀ネーデルラント地方(現在のオランダとベルギーのあたり)の彫刻から始まって宗教画、ヒエロニムス・ボッシュのコーナーへ。ボッシュの作品は2点。「放浪者(行商人)」と「聖クリストフォロス」。プラド美術館にある「快楽の園」的な不思議なキャラクターがてんこ盛りの画かと思っていたので意外だったのだが、細かい見所の説明がたくさんあって楽しめた。それからボッシュが影響を与えた後継者たちの作品群からブリューゲルの版画へ。奇想のキャラクターはこっちでてんこ盛りだった。肉筆画と違ってエッチングやエングレーヴィングでのかっちりした線であの不思議なキャラクターたちを見ると全然違った味わいになるのが面白い。それにしても、この不思議な作品群をじっくり観ていくと、よくこんな発想ができるものだと改めて思う。そして最後は「バベルの塔」。ブリューゲルの最高傑作とも言われるこの画をぜひとも観たかった。まずは周りの解説のボードは置いといて、作品の前に立つ。凄いの一言に尽きる。画題は旧約聖書の創世記にあるバベルの塔。もともと共通の言語を使っていた人間が思い上がって天まで届く塔を作ったため、神が怒ってお互いの言葉をわからなくして離散させられたという有名な物語。でもこの画からは罰せられる人間たちの愚かさや悲しみや神の偉大さ、神罰といった宗教的な説教臭さは全く感じられない。圧倒的な筆力と超絶な技巧で描いたのは、理不尽に抵抗する人間たちの姿や、「何かの途上であること」の苦しさと楽しさ、そして無力な人間たちの無限の可能性なのではないだろうかと思った。人間とは何か、という問いにブリューゲルがみんなが知ってる旧約聖書の物語をモチーフにして絵画で答えた作品だと思う。

久々にアメ横を歩いてみた。この界隈の何というかアジア的な雰囲気大好き。

桜が終わってあっという間に新緑が綺麗な季節になった。いい天気。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。