2017/04/05 雪村展

ちょっと時間ができたので東京藝術大学大学美術館へ雪村展を観に。上野公園は桜が満開。水曜の日中だというのにすごい人出だった。美術館は東京芸大の敷地の中にある。上野公園のはずれなので周りは静かな雰囲気なのかなと思っていたのだけれど、今日は入学式が行われていたようでどことなく優しい雰囲気の賑わい。
常陸時代の作品から晩年までの時系列的な展示がメイン、それから尾形光琳が描いた雪村風の作品群、最後は雪村に影響を受けた後世の画家たちの作品群という順番。やはり雪村が奥州に滞在していたあたりの作品に強烈なインパクトを受けた。久々に見た呂洞賓図はやはりすごかった。晩年の作品の金山寺図屏風の前でしばらく立ちつくす。雪村を継ぐ者たちというコーナーのラストは橋本雅邦の作品が展示されていたのだけど、やはり尋常ではない画力に目を奪われる。雪景図、山水図、湖岸図、昇龍図。最後の最後にすごいインパクト。なぜかもう一度最初から見たくなる不思議。彩色画は2点くらいであとは全て水墨画。墨だけで描いてあの表現の幅の広さ。手触りをありありと想像させる墨の線、色が匂い立つような墨の色ってこういうことか。音声ガイドは岩本則夫さんがナビゲーター。独特の語り口がいい。作品リストをよく見てみると4/25からの後期展示も見るべき作品が多い。もう一回行こうかな。

美術館エントランスの印象的な光景というか看板。ナイスデザイン。モチーフはオースティン・ミニかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。