2017/03/31 傳志会 第一回

神保町で仕事を終えて急いでいもやでえび天丼かっこんで、霞ヶ関にあるイイノホールへ。第一回の傳志会を聴きに。立川志の輔さん、立川談春さん、立川生志さん、立川雲水さんの四人での落語の会。立川雲水さんは初めてだったのだけど、立川流の大阪弁での噺も素晴らしかった。傳志会っていう名前はやはり立川談志さんの「志」からとったのだろうと思っていたけど、どうなんだろう。それは次回のお楽しみとのこと。それにしても、トリの立川生志さんよかったなぁ。目から汗が出るとこだった。志は一つ、やり方は人それぞれ。それぞれの個性が際立つ素敵な落語の会でした。

会場で配られたフライヤーにも今日の演目は刷られておらず。会場の雰囲気を見て演目が決まったのでしょう。自分で記入して備忘録とする。

4 Comments

  1. 返信
    kの 2017/04/01

    すごいな~。うらやまし。
    わたしゃ1月の松本で、志の輔さんの紺屋高尾で目から汗ダラダラ出ましたけど(笑)

    • 返信
      satosixx 2017/04/01

      いろんな人の紺屋高尾聞いてみたいかも。そういえば、松本と言えば8月からの小澤征爾さんのセイジ・オザワ松本フェスティバル。うらやまし。

  2. 返信
    kの 2017/04/02

    あのチケット取るのにテント張って並ぶんだよ~。ローカルニュースになるんだよ。
    とても行けない…
    松本大歌舞伎は行ってみたいかも。

    • 返信
      satosixx 2017/04/02

      今年はゲストソリスト内田光子さんだし、さらに激戦かも…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。