2017/03/29 大エルミタージュ美術館展

六本木で所用を済ませてから森アーツセンターギャラリーへ大エルミタージュ美術館展を観に。ついこの間、久々におろしや国酔夢譚を再読しました。物語の中にサンクトペテルブルグやエカテリーナ二世の話が出てきて、そういえば六本木でエルミタージュ美術館展やってるんだよな…ちょっと行ってみようかという感じで行ってみることにしたのでした。オールドマスターといわれる18世紀以前の画家たちのコレクションが豊富だということも個人的にツボでした。
展示はイタリアルネッサンス期の作品群からスタート、いきなりティツィアーノが二点。そこからは国地域別でオランダ、フランドル、スペイン、フランス、ドイツ・イギリス。個人的にはオランダのセクションに長居したくなる作品が多かったように思います。レンブラントの「運命を悟るハマン」はやはりすごかったし、アドリアーン・ファン・オスターデの「五感(臭覚、視覚、聴覚、味覚の四点)」は小さい絵だけど眺めていて楽しい作品でした。スペインのセクションではフランシスコ・デ・スルバランの「聖母マリアの少女時代」が素晴らしかった。最後のドイツ・イギリスのセクションではクラーナハの「林檎の樹の下の聖母子」がやはり目を惹きました。クラーナハが描くと聖母マリアが、どこかミステリアスな印象に。こないだ上野でクラーナハ展をやっていたんだっけ…行けばよかった…と思わせる、なんとも言えない魅力的な作品。
平日だったこともあり、そんなに混んでなくてゆっくり見れました。いつかサンクトペテルブルグに行って現地でもう一度観てみたい。

六本木ヒルズの植え込みはすっかり春モードです。写真を撮ってる人がたくさんいました。自分も混じって一枚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。