2016/12/23 デトロイト美術館展

朝イチで上野の森美術館展へ。結構前からやっている展示のせいか、思っていたほどは混んでいなかった。デトロイト美術館が所蔵する19世紀後半から20世紀初頭のヨーロッパ絵画コレクション。ギュスターヴ・クールベからピカソあたりまで。ドガ、セザンヌ、ルノワール、ゴッホ、マティスなどオールスター級の有名どころがずらり。印象に残ったのはモネの「グラジオラス」、カロリュス=デュランの「喜び楽しむ人々」、セザンヌの「画家の夫人」と「三つの髑髏」、ゴッホの「自画像」と「オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて」、マティスの「窓」と「コーヒータイム」、ピカソの「アニス酒の瓶」と「座る女性」。今回の展示で一番意外だったのは20世紀のドイツ絵画が12点あったこと。全52点なので結構な枚数だと思う。去年ベルリンのベルリニッシュギャラリーで見たベックマンは知っていたけど、他は知らない画家ばかりでとても印象的だった。中でもエイルンスト・ルードヴィヒ・キルヒナーの「月下の冬景色」、オスカー・ココシュカの「エルベ川、ドレスデン近郊」、オットー・ディクスの「自画像」。このすごい内容のコレクションを持つ美術館がニューヨークでもなく、ワシントンでもなくデトロイトという町にあるのは不思議だと思っていた。それになぜ第二次世界大戦頃のドイツ絵画をコレクションに積極的に加えたのかということも詳しく知りたい。この美術館の成り立ちとその後現在にいたるまでの波乱万丈の物語を、原田マハさんが芸術新潮で連載していたものがこのあいだ単行本になって新潮社から出たようなので、ぜひ読んでみようと思う。オーディオガイドは鈴木京香さん。柔らかな語り口がとても素敵でした。

観終わってからちょっと歩いて天寿々(てんすず)で昼。特上天丼はとても美味しかった。要再訪、できれば夜行きたい。

夏にあんなに睡蓮が茂っていた不忍池はこうなってて驚いた。天寿々へ向かう途中で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。