2016/05/02 立川志の輔独演会

いつもは志の輔らくごで行っているけど今回は独演会形式のようだ。武蔵中原のエポックなかはら。演目は前座の立川志の麿「狸寶」、志の輔「みどりの窓口」の後、中入り。伊藤多喜雄さんの民謡、志の輔「ねずみ」。今日は全部聴いたことのない演目で大満足。中入りの後に伊藤多喜雄さんがソーラン節を歌ってくれたのだが、久々に聴くソーラン節に胸が熱くなってしまった。凄い歌唱力。伊藤多喜雄さんのことは今回初めて知ったのだけれど(紅白にも二回出場とのこと)、力量のある歌い手が民謡を唄うとこんなにも心に響く唄になるものかと驚いた。いい夜。

仕事柄、色んな場所に行っているけど武蔵中原駅で降りたのは初めてだと思う。終わって会場近くで中華食べたら22時前になってしまった。_DSF3542

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。