2016/03/25 カラヴァッジョ展

イタリア絵画にあまり心惹かれたことがないのだけれど、この展覧会のポスター(バッカス)を見て行こうと思った。展示は風俗、静物、肖像など7つのテーマに分けてカラヴァッジョとカラヴァジェスキ(彼の画風を模倣し継承した画家たち)の作品を並列させて展示。カラヴァッジョのバッカスと法悦のマグダラのマリアが印象に残った。イタリア絵画というと拡散性の柔らかくて理想的な光で描かれた絵、だと思い込んでいたようだ。光の方向性が明確で陰影に富み、対象の内面を描こうとしている作品が多かった。それにしてもほぼ500年前、16世紀の絵がこのレベルですか。天才ってやつは…。

上野公園の桜は二から三分咲きでしょうか。外国の方々がたくさんいて楽しそうに写真撮ってました。自分も混じって一枚。_DSF3464

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。