2015/10/17 フィガロの結婚

モーツァルト作曲のオペラ。Bunkamuraオーチャードホール。ポーランド国立ワルシャワ室内劇場管弦楽団・合唱団。ストーリーを一言で言うとドタバタのラブ・コメディー。アルマヴィーヴァ伯爵はヴィトルト・ジォウォントキェーヴィチ、伯爵夫人はオルガ・パシェチニック、スザンナはアグニェシュカ・コズウォフスカ、フィガロはアンジェイ・クリムチャック。中でも伯爵夫人のオルガさんの声は深みがあって素晴らしかったと思う。ケルビーノ役(男性の小姓)は女性が演じると初めて知って驚いた。前編にあたるセヴィーリャの理髪師も観てみたい。ちなみにこちらは作曲はロッシーニだそう。

オーチャードホール。この劇場、好きです。席の足下も割と余裕があるし、WCも広いので幕間でも比較的混まないほうだと思う。_DSF2723

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。