2016/06/26 カサメリ沢

ハシモト氏とクボ氏と。行ってみると曇り。土曜朝まで降って日曜は晴れる予報。お誘いいただかなかったら行ってなかったと思う。地面は濡れているが、トライは問題なくできそうな空気感。都内から着いてみると、むしろひんやりしてて気持ちがいい。コロッセオに着くと知り合い多し。お目当ての課題はは別パーティーの方々がコセドドンからQD掛けをしていたのでそれを使わせていただくことに。10a&クライムダウンでアップして、一便目。モノポケは止めたものの、人さし指が抜けてきそうでカンテへの一手は出せずフォール。モノポケを最初から止められている。調子は悪くない。二便目、モノポケを止めて次のカンテも止めた。二本指ポケに出すところで右カンテが抜けてフォール。やってしまった。下からつなげてくると右カンテのピンチ取りのムーブがパツパツで微妙にベストなところを持てなかった。自分の手に余る甘いファットピンチ部分を持って焦ってムーブを起こしてしまったのが敗因だろう。夕刻の最終便の三便目、モノポケはもはや普通に止まる。前便で落ちた右ピンチも何とか止めた。が、ヨレがきていてそこからの二本指に手が出なかった。そこから動けずみじめなフォール。そこで気がついた。自分が作って自分で落ちているパートはムーブはいわゆる「テンション・ムーブ」ではないのかと。一緒にトライしているハシモト氏はそこからは自分のムーブとは違うムーブで楽そうに抜けている。前回来た時にそのムーブを試してみたものの、自分には合わないムーブだと思ってあっさり却下していたのだった。なぜあのムーブで楽そうに抜けられる?先入観を捨てて、もう一回新しい気持ちで試してみる。自分は自分のムーブで取りに行けるホールドの取り位置を他の人のムーブで同じように取りに行って、そのムーブを却下していたことに気付く。このムーブだと自分のムーブでは取れないはずの上部のベストな持ち位置を一発で取りに行ける。だから次の二本指ポケへのムーブへの移行が自分のムーブよりもずっと楽なのだ、ということが分かった。自分で作ったムーブがベストだという思い込み。自分が作ったムーブで取れるホールドの位置から得られる情報で作ってしまうムーブの難易度への思い込み。一緒にトライしてくれている人がいるのに、その人が創ったムーブを目の前にしてもその意味を考えようとすらしてなかった。競馬の馬に着けられてるブリンカーみたいなものを自分で自分の目に付けて、目に付ける鱗をどんどん自作していた、みたいな。そのパートで何回も落ちてそれにやっと気づく自分なのだった。いい歳のはずなんだけど、まだまだクチバシは黄色いぜ。ただ今まだまだ成長真っ盛り(と思いたい)。さ、来週も行けるなら行きたいところ。お天気の神様、快晴じゃなくていいから薄曇りでお願いします。何やら精神修養のフェーズに入ってきた感もあるこの課題。いい加減そろそろ登りたいわ。がんばろ。

この時期のレマンサルを果敢にトライするクボ氏。いい感じに仕上げてきてます。IMG_7009

2016/06/19 カサメリ沢

一週空いて宿題をやりに。ハシモト氏とトスコ兄貴と。家を出た時は晴れてたのだが、現地に着いてみると曇り。思っていたよりずっと寒くて少し驚いた。コロッセオは顔見知りの皆様ばかりで和やかな雰囲気。QD掛けはハシモト氏がやってくれたので一便目からつなげ便を出す。一週空いていたので細かいコツを忘れているかなと思っていたけど、そんなことはなく安定のワンテン。どうせ湿気っていてダメだろうと思っていたのだが、案外状態は悪くない。二便目、モノポケで頑張ったのだけど指が吐き出されてフォール。うーむ。そのあたりで雨が降ってきた。岩の状態はかなり悪化してるかな…なんて思っていると、ハシモト氏が核心を越えて最終クリップまで到達。終了点直下まで攻め立てたけど残念ながらフォール。たまたま落ちてしまったけれど、気持ちのこもった本当にいいトライだった。懸念のカンテ以降の状態も悪くないとのこと。ハシモト氏渾身のトライをビレイしながら見ててこちらも燃えてきた。雨で状態が…とか言ってないで、来たからには俺もああいうトライやんなきゃだよな。よーし!って感じで三便目を出したのだけど、核心のモノポケ取りのところで右手の持ちが甘いままムーブを起こしてしまって安定してモノポケが取れずフォール。力みすぎてクソなトライをひり出してしまった。全くもってダサいの一言に尽きる。雨が止まないのでその便で回収。前回より到達高度下がっててちょっと凹む。しかし、ほんとこの課題にどハマりしてる。来週も来たいところだけど天気が心配。ま、行けるようなら行きます。トスコ兄貴もNDダンスクラブ卒業間近の様子。あ、俺も不完全燃焼感を払拭したくて二便トライしたんだった。ハシモト氏、登山の翌日だったのに車出しと運転ありがとうございました!

トップガンの第2ランジをキメるmot氏。いつ登れてもおかしくないトライ。IMG_6976

2016/06/13 四谷怪談

Bunkamuraのシアター・コクーンで四谷怪談を見てきました。お岩さんのお化けシーンがメインではなく、二人を取り巻く人間関係の大きなドラマが主題でした。昨日ラトビアから帰ってきて今日は四谷怪談。本当はもうちょっと落ち着いてから見たかったんですが、チケット取っちゃったものはしょうがない。しかも仕事帰りに斬新な演出の歌舞伎。昨日から今日の環境の激変ぶりに頭がやや混乱気味の自分を楽しんできました。中村獅童の民谷伊右衛門カッコよかったなー。

いつも楽しみなBunkamura1FにあるHervé Châtelain。今日も素晴らしく美しいディスプレイでした。_DSF3945

2016/06/06~11 “RIGA” 備忘録

“The days in RIGA” Vol.4/Monochrome

Riga Cathedral_DSF3810

“The days in RIGA” Vol.3

Sunny&Cloudy/Old Riga_DSF3798

“The days in RIGA” Vol.2

Stairs/ 12,Alberta Str_DSF3747

2016/06/06~11 “Trip in RIGA/Republic of Latvia”

ずっと行きたいと思っていたバルト三国。その真ん中の国、ラトビアに行ってきました。滞在したのは首都のリガ。観光スポットは旧市街に集中していて、ゆっくり見て回っても2日もあれば十分なサイズの街にのんびり5日間滞在しました。季節は初夏のベストシーズン。公園の花壇や家々の窓やショーウィンドウも地元の人たちがお花を飾っていて街並みがさらに美しくなっていました。冬が長い国なのだと感じます。晴れると湿度も低くて本当に清々しい気候ですが、雨が降ると急激に気温が下がって10度以下になることも。とはいえ宿で傘を借りて歩き回った雨に濡れた石畳の街もなかなかの風情でした。

“The days in RIGA” Vol.1

Old Riga_DSF3876

2016/06/12 帰ってきました。

先ほど帰国しました。たった一週間日本を離れていただけですが、ずいぶん蒸し暑くなったと感じます。
明日からは通常通りの日々がまた始まります。

SVO→RNT/SU260 乗り継ぎのモスクワは雨でした。_DSF3936

2016/06/06 行ってきます。

梅雨入りした関東を離れて、ちょっとラトビアに行ってきます。初めての国、初めての夏の北欧。楽しみです。帰国は6/12の午前中の予定。一週間の短い旅行ですが、のんびりしてきます。

取り急ぎパッキング完了。忘れ物はない…はず。行ってきまーす。_MG_6434