2018/05/15 Nouveau Petit Royal Dictionnaire

何十年かぶりに辞書を買った。旺文社の仏和辞典、プチロワイヤル。ちなみに大昔、学生の時の第2外国語はフランス語。使っていた辞書は当時もプチロワイヤル。調べてみると当時は初版(1986/01/11初版発行)のものを使っていたようだ。ちなみに今日届いたのは第4版(2010/03/25発行、2015重版)。デザインが当時とあまりに変わっていて、というか、今時の辞書の表紙ってこんな素敵なデザインなんだ!と驚く。CDなんかも付いてるし。周りには辞書は読み物という人もいて、そうなの?と思っていたけれど、パラパラめくってみると確かに面白い。弁護士を表すavocatが野菜のアボカドという意味もあったり、テニスの語源はtenirの命令形のtenez(受けてみろ)だったりといったことが書いてあったりする。それに出版社が違うと動詞の変化の説明の仕方の巧拙や例文のセレクトの時代性が違っていて比較してみると楽しいのだとか。なるほど。そういう楽しみ方をしている人が世の中にいるんだということがまず面白い。ネット全盛の時代だけれど、紙の辞書を手で引いて何かを調べるのって懐かしくもどこか新鮮で楽しい。Google先生の翻訳もいいけど(何回でも発音してくれるのは大変助かるしうれしい)、用例と語法上の注意の見やすさと一覧性に優れていることが紙の辞書の圧倒的な利点だと思う。仏仏辞典が買えるくらいにはなりたいものよ。がんばろう。

最近買った本の中で、注文して届くまで一番楽しみだった本が辞書。形容詞がNouveauなので辞書という単語は男性名詞だとわかる(nouvelleだと女性名詞)。学生の時分は名詞に性別があることに驚いたし、動詞の変化の多彩さに閉口したっけ。

2018/05/13 切られの与三

2年ぶりのコクーン歌舞伎。今年は切られの与三。歌舞伎に詳しくない自分でも知っている名セリフ「いやさァ、お富、久しぶりだなァ」。与三郎は中村七之助さん、お富は中村梅枝さん、演出は串田和美さん。与三郎役の七之助さんは普段は女形を演じているはず。どんな演出でどんな舞台になるのかとても楽しみにしていていた。与三郎の色男っぷりの艶やかさ、お富の所作の美しいこと。音楽もピアノとパーカッション(主にカホン)、ウッドベースのピアノトリオに附け打ちという異色の組み合わせ。ジャズ調のBGMがめっちゃカッコよかった。あえて書かないけどラストは自分にとって衝撃の終わり方。与三郎のセリフにうたれた。前回の四谷怪談もすごかったけど、今回も期待通りぶっ飛んだ舞台だったと思う。また2年後なんだろうか、来年もやってくれないかな。

来る途中花屋さんのディスプレイを見て今日が母の日だということを思い出した。先週わかっていたはずなのに今の今まで失念していた。さて、と。

2018/05/10 立川談春独演会

早めに浅草に着いたのでら麺亭でワンタン麺をいただいてから浅草公会堂へ。前座はなし。今日の演目は事前に発表されてなかったので何を演ってくれるんだろうと思っていたら、なんと「牡丹灯籠」。志の輔師匠とは違うやつをやりますとのこと。志の輔師匠のは前半に一時間かけて話全体の説明、後半に噺を持ってくるという形で演じてるけど、今回は長大な牡丹灯籠の話の有名な「お札はがし」のくだりを演ってくれた。何日かに分けて牡丹灯籠を全編やってくれないかしら。仲入りの後、「らくだ」で〆。この噺のコンボを談春さんで聴けるとは思わなかった。いつも通りキレッキレの落語。

帰りに雷門を通ったら珍しく観光客が全然いなかった。関係ないけどこないだの仲見世の家賃が16倍にあがるっていうニュースには驚いた。

2018/05/06 エミール・ガレ 自然の蒐集展

GW最終日、渋滞予測は出てるけど実際は大したことないと踏んで箱根のポーラ美術館に行ってきました。前から行ってみたかったのですが、今回ようやく。見に行ったのはエミール・ガレ/自然の蒐集展。ガレのガラス器展が素晴らしくないわけがなく、十分に堪能。昆虫の標本や博物画、モネやセザンヌの絵画と一緒に展示してあったりと創意工夫を凝らした内容でした。素晴らしい。開館と同時に現地入りしてのんびり館内を回ってコーヒー飲んだりして昼過ぎには箱根を後にして御殿場で昼食を食べて帰途へ。箱根にあるにもかかわらず、大半が地下にある美術館とのことでどんな感じなんだろうと思っていたのですが、大きな窓と建材(内観はガラスがメイン)のせいか明るくて非常に美しくて構造的にもユニークな建造物。次回の展示も楽しそうなのでまた次回は夏にやってこようと思います。帰る時間が早かったせいか、予想通り渋滞にはほぼ捕まらずに午後の早い時間には帰宅。

山笑う。今の時期の緑は本当に美しい。美術館すぐ横の小山。

2018/04/27-30 Trip in Hong Kong / 香港

去年と同じく香港島に滞在しました。今回は銅鑼湾という繁華街のホテルに宿泊。合計4日、正味2日というスケジュールも去年と同じ。美味しい麺粥家と広東料理のお店を新規開拓できたのが収穫だったかな。あと、いつも行くお茶屋さんで龍井茶の新茶とまだ試したことのない鉄観音を入手。楽しみです。という感じのいつもながらのゆるく地味な滞在スタイルでした。行きのフライトで「バーフバリ 伝説誕生」と「ダンケルク」の映画二本立てを見て感情を混乱させつつ香港入り、帰りのフライトで「バーフバリ 王の凱旋」を見て興奮した後に大沢たかお氏の「ジェットストリーム」を2回分聞いて気分を落ち着かせて帰国。面白いと聞いていたバーフバリのシリーズが本当にすごかった。血湧き肉躍る勧善懲悪ストーリーで胸のすく面白さ。インド映画の進化っぷりに驚いた。ぜひ続編が見たい。それと今回X100sとXpro2を持って行ったけど、結局Xpro2と35mmF2だけ使用。それにしてもよく写るレンズとよく解析してくれる映像エンジンよ。

牛腩麺/好到底麺家/元朗/New territory

2018/04/30 帰ってきました。

香港から帰ってきました。旅先の楽しい時間はあっという間に過ぎて、荷ほどきしたらすぐにいつもの日々がやってきます。帰ってきたらマンションの大規模修繕の足場がなくなって窓が明るくなっていました。もう明日から5月か。

九龍側と香港島を結ぶスターフェリー。大好き。どんだけ景色がハイテクになろうとも最終的に乗り心地を快適にするのは人の手ですね。わざわざ乗りに行く。

2018/04/27 行ってきます。

連休前のドタバタをなんとか乗り越えて、夕方の飛行機で香港へ。例によってノープラン&出たとこ勝負のショートステイ。美味しいもの食べてその辺ぶらぶらするだけで事前の予定は特になし。ヒマで言葉の通じないガイジンになって自分の時間を楽しんできます。

たかが3~4日の旅行とわかっていても、外国に行く前って必ずお蕎麦かうどんが食べたくなる。お昼は出汁を効かせて薄口醤油でやさしい色と味に、具は白菜だけで玉子を落とした温かいつゆの稲庭うどん。葱もゴマも七味も入れなくていいや。つるりと食べて成田に向かいます。首都高空いてるといいな。

2018/04/22 Aida

午後から初台へ「アイーダ」の千秋楽公演を観に行く。1年前からチケットを取っていて、ようやく、やっと観れた。グランドオペラの代表作ともいえる「アイーダ」。アイーダ役のイム・セギョンさん、ラダメス役のナジミディン・マヴリャーノフさん、アムネリス役のエカテリーナ・セメンチュクさんの歌が尋常じゃなく素晴らしかった。そしてランフィス役の妻屋秀和さんの安定感。オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団、指揮はパオロ・カリニャーニさん。演出・美術・衣裳はフランコ・ゼッフィレッリさん。歌唱、音楽、舞台美術、衣装、まったく文句のつけようがない。自分が今までで見た国内のオペラで最高、圧巻の出来だったと思う。お馬さんまで舞台に出てきてたまげた。

長丁場のはずの4時間もあっという間。幕間のコーヒーが美味しかった。いい天気で気分もよし。

2018/04/17 立川志らく落語大全集 春

前回の冬の回に続いて、春の回。開口一番は立川志らぴーさん。そして立川志らく師匠の「崇徳院」、「宿屋の富」のあと仲入り、締めは「愛宕山」。

今回は志ん朝リスペクトの巻。立川談志師匠の永遠のライバル、古今亭志ん朝。嫉妬と同時にリスペクトか。そうだろうなぁ。城山に通っていた頃、帰りの車で渋滞にハマりながら聞いた落語で一番多かったのは志ん朝さんのだった。次が古今亭志ん生さんと立川談志さんて感じだったと思う。

2018/04/15 日本フィル 第223回 サンデーコンサート

朝起きてSNS見てたらこのコンサートが今日あること、当日券もあるとの情報が。気が向いたので午後一人でふらりと池袋の東京芸術劇場に行って当日券を買って聴いてきました。ザハール・ブロン氏が指揮とヴァイオリンのソリスト、服部百音さんがメインのヴァオリンのソリストという内容にひかれました。確か樫本大進さんもブロンさんの門下生だったはず。どんなヴァイオリンを弾く人なんだろうと思っていたのでした。
プログラムはモーツアルトの「フィガロの結婚」の序曲から。そしてバッハの「2挺のヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043」。この曲でブロンさんと服部さんがそれぞれソリストを務める。個人的にはこの曲が今日一番聴いてみたかった。二人の師弟関係を越えて、楽器で会話するってこういうことを言うんだ..という感じの息がぴったり合った素晴らしい演奏でした。バッハの時代の曲らしくチェンバロも入っていて非常に楽しく華麗な曲。それにしてもバロック音楽が全く古めかしく聞こえなかったのは今日が初めてかも。ここでアンコール、プロコフィエフの「2挺のヴァイオリンのためのソナタ より第1楽章と第2楽章」。二人のヴァイオリンのセッションは見ていても聴いていても本当に楽しい。ブロンさんの音は深くて温かみのある音、服部さんの音は澄んでいてしなやかな音。それからチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35」。この曲は確か過去2回聴いていて、両方ともリサ・バティアシビリさんがソリストだった。彼女以外のソリストで聴くのは初めて。リサさんのヴァイオリンの印象とは全く違っていた。リサさんの音はもっとワイルドな印象だったけど、服部さんの音はもっと澄んでて柔らかいんだけどどこか粘りがあるように感じる。超絶技巧を聴いている間にあっという間にラストの第3楽章。最後のソリストアンコールはチャイコフスキー「ワルツ・スケルツォ op.34」。拍手喝采で〆。素晴らしい。6月にザハール・ブロンさんとその門下生、服部さんや樫本大進さんとの競演のステージもあるようだ。そちらも今から楽しみ。14時に始まってまだまだ明るい16時半にはもう自宅に戻ってコーヒーを飲んでいた。

ここに来るといつもながら演劇のプログラムもとても気になる。